ケーススタディ

ケーススタディ
ブラジルINPI (知的財産庁) がCASとのパートナーシップでAIを活用、審査官の生産性が向上
CAS新開発の人工知能対応ソリューションにより、特許庁のワークフローが改善され、審査時間が半分に短縮、顧客サービスが迅速化し、そして特許の滞留時間も短縮されました。
ケーススタディ
iuvo BioScience社、より良いデータでクライアントの製品開発を加速
iuvo BioScience社がCAS IP Servicesと組むことで、いかにしてクライアントの新製品をより早く研究からリリースにこぎつけることができるようになったか、しかもより低コストでそれを実現できたのか、詳細はこちらです。
ケーススタディ
より適切なデータの関連性を見出すことによりICLが廃棄化合物の新たな用途を発見
化学物質の再利用には、まず膨大な量の研究から正しい知見を明らかにする必要があります。 このケーススタディでは、標的とする副生物である化合物の75%に対して、ICLがCASと共にどのようにして新たな用途を効率的に発見したのかを解説します。
ケーススタディ
CAS SciFinderⁿケーススタディ - 小西化学工業株式会社
本ケーススタディーでは、和歌山市小雑賀の化学研究開発企業、小西化学工業株式会社が、変化の激しい市場において収益性の高いソリューションを開発するためにCAS SciFinderⁿを使っていかに科学研究を加速化させたかを説明します。
ケーススタディ
東レ、CASナレッジマネジメントトレーニングを使ってデータに新たな価値を発見
強力なデータプラットフォームがあれば、適切なタイミングで必要なところに価値ある研究開発データを統合することが可能になります。 しかしながら、科学的データの管理には専門知識が必要です。 大手の素材組織の研究者たちは、CASの専門的トレーニングを通じてデータ管理の基本原則を学びました。
ケーススタディ
収集されたトレーニングセットががもたらす革新的なAI予測
社内データのみを使っていると、革新的な機械学習による予測生成に必要な電子的特性、構造的特性、デバイス特性などが不足するおそれがあります。 ある会社が、カスタム収集したデータを使うことで、限定的だった科学的展望の視野が拡張された事例をご紹介します。
ケーススタディ
データの力でイノベーションを推進 - ブラジルの生物多様性の保全
本ケーススタディでは、CASがどのようにしてブラジルの天然物研究者と協力し、ブラジルの生物多様性を代表する54,000件以上の物質を利用しやすいデータコレクションとして構築したのかを解説します。
ケーススタディ
データ整合性の向上で研究開発の効率も向上
データのサイロ化はデジタル資産の価値を低下させ、効率を悪化させます。 ある企業では、社内データの整合と標準化で年間80万ドル以上の削減が予測されています。詳細はこちらでお読みください。
ケーススタディ
データの品質がもたらす機械学習の結果への影響
アルゴリズムを変更しなくとも入力データの質を向上させるだけで、異なるターゲットに対する化合物の生物活性を評価するために設計されたアルゴリズムの予測精度を向上できます。