CAS SciFinderⁿ

世界的に有名なCAS Content Collection™を搭載した CAS SciFindernは、関連性が高く実用的な知見を素早く発見するための方法や情報を提供します。

世界的に有名なCAS Content Collection™を搭載した CAS SciFindernは、関連性が高く実用的な知見を素早く発見するための方法や情報を提供します。

信頼性

研究者の84%*は、他の研究調査ソリューションよりもCAS SciFindern のほうが信頼をもって利用できると考えています。

 

スピード

調査担当者の77%*は、他の研究調査ソリューションよりもCAS SciFindernのほうが早く業務を遂行できると考えています。


 

イノベーション

調査担当者の84%*は、他の研究調査ソリューションよりもCAS SciFindernのほうがイノベーションを促進できると考えています。

*CAS SciFindern 2020年生産性に関する調査 

物質と反応を発掘

重要な研究活動について迅速に、かつ確信の持てる重要な洞察を得るには、最新かつ正確な物質と反応に関する情報が必要です。

CAS SciFindernは、化学物質とその関連化学構造、化学名、規制情報をはじめ、CAS 登録番号®や反応スキーム、ステップごとの実験手順、詳しい反応条件、そして生産量などを含む特性情報を、権威を持って同定できる唯一の真の情報源です。 
 

重要な研究活動について迅速に、かつ確信の持てる重要な洞察を得るには、最新かつ正確な物質と反応に関する情報が必要です。

CAS SciFindernは、化学物質とその関連化学構造、化学名、規制情報をはじめ、CAS 登録番号®や反応スキーム、ステップごとの実験手順、詳しい反応条件、そして生産量などを含む特性情報を、権威を持って同定できる唯一の真の情報源です。

CAS SciFinderⁿによって、図書館ではなくラボにこもれるようになりました。

出典:TechValidate TVID: 9E4-509-143

ロバート・ボンサル
大学院生
ミシガン大学

CAS SciFinderⁿ ウェビナー

すでにCAS SciFindernを導入済の方も、これから導入を考えている方も、この高度な科学リサーチツールをより深く知り、そして使い方を確認するには、録画済みのウェビナーをご覧になるか、またはサインアップして今後のライブ配信を受信できるようにしてください。

すでにCAS SciFindernを導入済の方も、これから導入を考えている方も、この高度な科学リサーチツールをより深く知り、そして使い方を確認するには、録画済みのウェビナーをご覧になるか、またはサインアップして今後のライブ配信を受信できるようにしてください。

リソース

Whitepapers

Targeted Proteins and Induced Proximity: Molecular Glues Landscape in Drug Discovery

Induced-proximity target protein degradation (TPD) is a ground-breaking strategy in drug discovery that has emerged in the last decade. This CAS white paper surveys the research landscape, status of clinical trials, and discusses possible future opportunities.

Press Releases

Mana.bio integrates CAS chemical substance data into its novel drug delivery AI platform

CAS is launching a collaboration with Mana.bio to enrich their proprietary database to fuel its AI engine, with an expected 70% reduction in resources allocated to molecular data acquisition and preparation.

Whitepapers

Readdressing the Balance: Exploring Research Trends in Carbon Dioxide Sequestration

With the widely publicized carbon emissions “race to zero” target by 2050 – interest has been increasing in carbon capture, storage and reduction technologies. Learn more in our landscape view of this emerging research with unique insights and a look at future opportunities.