脂質ナノ粒子の研究環境とその進歩

lipid-nanoparticles-hero-image

脂質ナノ粒子(LNP)は、製薬業界においてさまざまな治療薬を送達するための有望な手段として浮上しています。 初期のLNPをベースにしたリポソーム医薬品は、すでに承認され医療現場に適用されています。 LNPは、治療薬をカプセル化して体内の特定の場所に送達し、指定された時間に内容物を放出することができるため、薬物の使用を発展させる有望なプラットフォームです。

ACS Nano誌に掲載されたこの査読付き論文では、CAS コンテンツコレクションにおけるLNP関連論文の状況を詳細に検証します。 また、抗腫瘍治療、核医学治療、そしてワクチン送達システム等の分野におけるLNP発展の機会や、LNP利用の潜在的な課題についても議論します。 こちらでジャーナル全文をお読みください。

Back to top