化石燃料由来プラスチックの代替品としてのバイオベースポリマー

bio-based-polymers-hero-image

世界の化石燃料の約10%がプラスチックの生産に消費されているため、化石燃料を原料とするプラスチックに代わる、実現可能な代替品を生み出すことが、過去20年の重要な目標でした。 再生可能なバイオマス資源より得られるバイオベースポリマーは、理想的な代替品として幅広く注目されてきました。 これらのポリマーは、石油由来のプラスチックに代わる有望そしてサステナブルな代替品としてのバイオプラスチックを作るために使用されてきており、外国産の石油に大きく依存している国にも利益をもたらす可能性を秘めています。

ChemRxivに掲載された本ジャーナル原稿では、3種類のバイオベースポリマーと、その長所と短所、最新の研究動向、ならびにこの分野の研究トレンドについて詳しく解説します。 バイオプラスチックは、誤った情報に基づいて懐疑的な見方をされることが多いため、この記事では、バイオプラスチックの誤解を解き、そして持続可能性の実現のためのバイオベースポリマーの重要性について認知度を高めることを目的としています。

Back to top