サポート

CAの生化学セクション

1 薬学

このセクションには、医薬品または有望医薬品の生化学的、生理学的、および毒性作用、代謝作用、生化学システムの分析、および構造活性関係が含まれます。遺伝子治療はこちらに含まれていますが、医薬品の遺伝子工学法論はセクション3です。遺伝子組み換え生物または細胞による医薬品の商業生産はセクション16で取り扱います。製剤はセクション63、製剤の分析はセクション64です。ホルモンの薬理学および避妊薬などの生殖器用薬はセクション2、放射性医薬品はセクション8、生体外での微生物における抗生物質や殺菌剤などの作用はセクション10です。合成医薬品に重点をおいた研究は、該当する合成有機または無機のセクションで扱います。ツールとしてのみ使用される薬品は、研究中の生物またはプロセスに該当するセクションに設定されています。

2 哺乳類のホルモン

このセクションでは、生化学、生理学、薬学、毒物学、分析、構造、特性、分離、精製、組織分布、代謝作用、哺乳類のホルモンの仕組み、ホルモン受容体、およびホルモン様物質を網羅しています。ホルモンの分子遺伝学もまたここで扱っています。非哺乳類系の非哺乳類のホルモンはセクション5または12、植物ホルモンはセクション5または11、ホルモン処方はセクション63です。病理学および免疫学的過程の生理学でのホルモンは、それぞれセクション14および15です。非哺乳類ホルモン抑制薬の薬学はセクション1、合成に重点を置いた研究は該当の合成セクションに設定されています。

3 遺伝生化学

このセクションには、遺伝子またはゲノム構造機構の分子レベルの研究とマッピング、配列、突然変異、発現調節、組み換え、修復、分子クローニング、遺伝子工学、遺伝分析と操作の方法、およびサブゲノム実体の遺伝的特性(プラスミドおよびトランスポゾン)が含まれます。
古典遺伝学(例えば集団におけるアイソザイムおよびハプロタイプのパターン)は、該当する有機体の特定セクションで取り扱います。動物の免疫伝達物質の規制、および植物、非哺乳類、哺乳類の疾病病因における遺伝学はそれぞれセクション15、11、12、14です。
遺伝子治療はセクション1、2、15、3です。
遺伝子発現の生理学効果の研究は、エフェクターに該当するセクションです。核酸の物理化学的研究はセクション6です。ホルモン、毒素、タンパク質、酵素、免疫化学の配列は、それぞれセクション2、4、6です。

4 毒物学

このセクションには、細胞内研究を含む、植物、非哺乳類、および哺乳類における化学物質、毒、および毒素が含まれます。対象として、実際または有望な環境汚染物質、法医学研究、毒物分析、非標的生物の農薬の毒性、エタノール生物学的作用、タバコの毒性、解毒剤、および酸素中毒が含まれています。タンパク毒素およびタンパク毒成分の構造の解明もまた網羅しています。微生物感染重視の毒素の研究または毒素の生理学は、研究の有機体に該当するセクションで取り扱っています。薬品、ホルモン、農薬(標的生物を含む)、食品、および化粧品の毒性は、それぞれセクション1、2、5、17、62です。調査ツールとして使用される毒物は、調査中の有機体またはプロセスに該当するセクションで網羅されています。

5 農薬の生体調節

このセクションでは、除草剤、殺虫剤、殺菌剤、およびその他の農業用殺虫剤、植物生長調節物質および害虫誘引剤と防虫剤、外部適用の獣医用殺虫剤、および農学的関心の化学不妊剤が含まれます。土壌および農業用水内の農薬の残留物に関する研究(分析を含む)はこちらで網羅しています。汚染物質としての農薬は、セクション4、59、または61です。遺伝子組み換え作物の病虫害抵抗性に関する研究もここで扱っています。非標的生物の農薬に対する毒性作用は、セクション4、植物ホルモンの作用機構の研究はセクション11です。食品に発生する殺虫剤は、セクション17、農薬の合成または製造は、セクション9または16、あるいは該当する有機化学または無機化学セクションで網羅しています。

6 生化学一般

このセクションでは、次の細胞内システムおよびプロセスの研究が含まれます:生体膜(およびモデル)、分子進化および前生物の土壌、異種生化学、1つ以上のCAセクションで網羅される有機体を含む比較研究、毒素、ホルモン、酵素、および免疫化学以外の生体分子の命名規約、構成部品の構造、およびmRNAの処理または変換に含まれる核酸の配列と構造。タンパク質(およびコード化する核酸)の研究は、その活動に該当するセクションにあります。その他の天然産物は、物理的および生物学的特性が相関する場合はセクション6です。細胞内プロセスは、そのプロセスが細胞系で最初に生じる場合、あるいはそのプロセスに関しより適したセクションがある場合は、除外します。一般的なプロセスはセクション3です。

7 酵素

このセクションでは、あらゆる酵素および補酵素の生化学を網羅しています。分析、分離、精製、特性化、構造(配列を含む)、および活性部の研究、反応機構、モデル調査、基質特異性、活性化、抑制、規制(体外)、有機化、酵素の異成分、細胞内の光合成、およびタンパク質の阻害剤と活性剤に関する構造の研究が含まれます。分析用試薬としての酵素の使用は、通常セクション9、酵素の活性化を含む、酵素の血液凝固系の生理学は、セクション13で扱っています。組織組成を主な関心とする組織酵素レベルの判定、および主な関心点が有機体にある酵素の多様性に関する研究は、それに該当する有機体関連のセクションです。発酵の商業的関心を持つ固定化酵素は、セクション16です。

8 放射線生化学

このセクションには、あらゆるエネルギー放射の生化学的作用、および放射性同位体と放射性降下物の生化学作用が含まれます。また、放射防止剤、放射線作用、放射線増感剤、放射性同位体の分離団体とキレート剤、シンチカメラ剤、放射線造影剤、および病気の診断や治療における非臨床的な放射線の使用も含まれます。視覚過程または光周性の現象における光の化学効果の研究は、有機体特定セクションに含まれます。光周性の光はセクション11、放射性医薬品および放射線造影剤の処方と分析はセクション63と64、放射線治療および保健物理学のアプリケーションに対する装置および技術はセクション71です。一般的な生化学の関心は、セクション9の放射化学または分光化学分析です。

9 生化学的方法

このセクションでは、次の方法を網羅しています:生物系の化学成分の判定、検出、分解、および精製、生体高分子の特性の判定、交換反応またはトレーサーを使った合成法による生体化合物のラベル化、細胞、組織培養、または臓器の準備と保持、臓器(非内分泌)機能テストと臨床化学診断、酵素を使った天然産物の合成、および微生物における抗菌剤作用の判定。またこのセクションでは、様々な方法に必要な器具と試薬のみでなく、生命維持装置に関連する器具と化学技術も扱っています。特定フィールドの関心のある分析法および/または調製方法は、このような分野を網羅しているセクションに設定されています。遺伝学的手法はセクション3です。

10 微生物、藻類、および真菌の生化学

このセクションでは、ウイロイド、ウィルス、バクテリア、酵母菌、原虫、粘液、藻類、および真菌の組成、栄養、代謝、生長、および古典遺伝学に関する研究を含みます。また、mRA処理と変換の研究、およびmRA(cDNA)または製品に関心のある遺伝子発現の研究も含まれます。タンパク質と核酸の構造の解明および(または)物理化学的特性は、セクション3、4、6、または7です。微生物の遺伝子工学および分子遺伝学は、セクション3、微生物の病理学的作用は、標的生物の病理学のセクションです。細菌クロロフィルまたはクロロフィルを含むすべての光合成過程は、セクション11で網羅しています。産業目的または商業目的の微生物合成物質は、セクション16です。

11 植物生化学

このセクションでは、植物代謝、組成、病気、開発と老化、ホルモン生理、古典遺伝学と系統発生、周期性、傾性反応、およびクロロフィルまたは細菌クロロフィルに関連する光合成の研究が含まれます。タバコの研究はこちらに含まれますが、毒性研究のみセクション4で扱われています。ここでは、関心がmRNA(cDNA)または製品にあるmRNA処理と変換の研究、および遺伝子発現の研究が含まれます。
植物からのタンパク質と核酸以外の天然産物における構造の解明および(または)物理化学的特性は、最初の分離でなければ、セクション26および30-34に、タンパク質および核酸のものはセクション3、4、6、または7にあります。植物の遺伝子工学および分子遺伝学は、セクション3です。植物栄養はセクション19、農学の農薬はセクション5です。大型藻類および大型菌類の研究は、セクション10です。

12 非哺乳類の生化学

このセクションでは、原虫を除く非哺乳類動物の組成、開発、代謝、生理学、病理学、古典的遺伝学、および系統発生を網羅しています。ここでは、関心がmRNA(cDNA)または製品にある疾病病因、mRNA処理と変換、および遺伝子発現の研究が含まれます。
細胞内処理の研究は、セクション6で網羅されています。非哺乳類のタンパク質と核酸以外の天然産物の構造の解明および(または)物理化学的特性は、最初の分離でなければ、セクション26および30-34にあります。タンパク質と核酸の構造の解明および(または)物理化学的特性は、セクション3、4、6、7、または15、栄養の研究はセクション18です。標的生物の害虫防除剤の影響は、セクション1または5です。非哺乳類における免疫学はセクション15で網羅されています。

13 哺乳類の生化学

このセクションでは、哺乳類の化学組成、開発、代謝、生理学、古典的遺伝学、および系統発生を網羅しています。ここでは、関心がmRNA(cDNA)または製品にあるmRNA処理と変換および遺伝子発現に関する細胞研究が含まれます。細胞内のプロセスに関する研究はセクション6で網羅されています。哺乳類のタンパク質と核酸以外の天然産物の構造の解明および(または)物理化学的特性は、最初の分離でなければ、セクション26および39-34にあります。タンパク質と核酸の構造の解明および(または)物理化学的特性はセクション2、3、4、6、7、または15にあります。哺乳類の病理学、免疫学、および栄養は、それぞれセクション14、15、および18で網羅されています。

14 哺乳類病態生化学

このセクションでは、哺乳類の病気に対する手術または移植、および発現など、生化学、病因学、遺伝学、非薬物療法が含まれます。標準の分析法による病気の診断が含まれます。新薬診断方法論はセクション9、セクション3(遺伝方法)、または特定の物質に関連するセクションにあります。病気の薬力治療はセクション1、2、63、放射線治療の研究はセクション8、アルコール依存症の研究はセクション4、工業汚染および大気汚染関連の病気はセクション4と59、栄養疾患はセクション18です。
哺乳類の感染、ホスト関連の変化はここですが、感染性の有機体の変化はセクション10と12です。病気の免疫化学はセクション15です。食物アレルギーはセクション17に設定されています。

15 免疫化学

このセクションでは、動物の抗原、抗体、アレルゲン、血液型物質、サイトカインなど、免疫化学的物質の化学、分析、および生物活性が含まれます。免疫化学的関心に重点が置かれている場合は、遺伝子治療を含む免疫の遺伝学が含まれます。免疫化学への関心が偶発的な場合のゲノムおよび遺伝要素の操作は、セクション3です。細胞代謝、組織拒絶反応、病気、および免疫学メディエイターの治療的使用における免疫化学が含まれます。植物免疫化学はセクション11です。免疫抑制剤、免疫アジュバント、およびインターフェロン誘導剤の治療的使用は、セクション1です。非免疫性物質を決定する免疫化学的方法は、セクション9およびその他の該当するセクションにあります。ヒトまたは獣医学用途のためのワクチンおよびデリバリーシステムの処方はセクション63にあります。

16 発酵生化学およびバイオインダストリー生化学

このセクションには、実際の、または潜在的商業関心のある発酵プロセスの生化学を含みます。固定化酵素、非細菌の組織培養、および遺伝子組み換え作物と動物の利用が含まれます。単細胞タンパクの生産以外の食物生産における発酵はセクション17、廃棄物処理に関連する発酵はセクション60です。食物の発酵生産はセクション52、酵素固定の技術を重要視する研究は、セクション7です。微生物製品の分離および識別はセクション10です。分離手順または生物学的特性が詳述されていない微生物製品の構造の解明は、有機化学の天然産物の該当セクションにあります。タバコの発酵はセクション11、堆肥はセクション19です。

17 食品化学および飼料化学

このセクションでは、非標的生物または体外における食物と飼料成分、および決定、添加物、処理、梱包、保存システム、政府規制、および栄養価の評価が含まれます。食品や飼料中に存在する汚染物質や汚染物質、発がん物質、変異原性物質、毒素、非栄養性の抗変異原物質や抗発癌物質、あるいはそれらの加工や貯蔵中の形成に関する研究はこちらにあります。またここでは、食物とモデル系の科学、反応、および機能特性、遺伝子組み換え食物、食物アレルギー、中間体と不純物の食物分析およびFDとC着色料、発酵食品、アルコール飲料とノンアルコール飲料、香料、香辛料、甘味料と齲蝕原性、収穫後の熟成および食物品質の保存変更、および栄養のない食物成分の生理作用が含まれます。

18 家畜栄養

このセクションでは、原虫以外のすべての動物種を使った一般的な栄養研究に加え、要件、利用、不均衡、相互関係、栄養疾患、および栄養素、非栄養素による成長と代謝の誘発剤を使った飼育試験が含まれます。
標的動物のえさと食物成分の栄養価測定はこちらで網羅していますが、科学、酵素的、または体外の生物学的方法によるといった研究はセクション17です。肥満や代謝性疾患の非栄養的な解釈は、哺乳類向けはセクション14、非哺乳類向けはセクション12、栄養の中間代謝はセクション12または13で網羅されています。治療栄養学はこのセクションで、また経静脈栄養のための製品の製法および加工は、セクション63で網羅しています。栄養素の毒物学はこちらに含まれていますが、食物と肥料の毒物学に関する研究はセクション17です。

19 肥料、土壌、植物栄養

このセクションでは、土壌改良の技術と特性および植物組成と土壌化学における土壌改良剤の影響を網羅しています。植物栄養素の要件および利用はこのセクションですが、植物と組織培養による栄養素代謝は、セクション11で網羅しています。農業の土壌有機成分と土壌無機成分および土壌再生はこちらに含まれていますが、農業でない無機成分と可能量に関する研究はセクション53です。土壌汚染はこのセクション、および研究の関心点に応じてセクション4、8、59、60、61、71で網羅しています。エンジニアリング用の土壌の改良は、セクション58です。農業の肥料、植物栄養、および土壌成分に関する研究の方法も含まれています。

20 歴史、教育、文献

このセクションには、著名な化学者の表彰暦、経歴、および死亡記事を含みます。歴史化学、古生物学および考古学化学 芸術の化学と芸術品の保存、化学教育、実験、およびデモンストレーション、および、これらの活動に関連する化学情報、文書、データ処理、およびコンピュータアプリケーションに関する一般的な研究があります。
また化学工業および経済の一般メモ、および化学的測定と一般化学の命名法のユニットとシステムに対する報告も含まれています。
特定セクションで網羅された化学に関連する化学情報およびコンピューターアプリケーションはその該当セクションに含まれます。特定物質に関連する化学工業および経済研究。

Contact CAS

Let us know how we can best serve you.