東レ株式会社がCASナレッジマネジメントトレーニングの利用によりデータの新たな価値を見出す

東レ株式会社ケーススタディ

強力なデータプラットフォームがあれば、適切なタイミングで必要なところに価値ある研究開発データを統合することが可能になります。しかしながら、科学的データの管理には専門知識が必要です。大手の素材組織の研究者たちは、CASの専門的トレーニングを通じてデータ管理の基本原則を学びました。
 
工業製品用の革新的な素材の開発を専門としている東レ株式会社の科学者は、どうすれば社内のデータがサイロのように細分化されずにワークフローにうまく組み込めるのか、その方法を模索していました。CASの体験的なナレッジマネジメントトレーニングを通じ、東レの科学者はキュレーション、管理、統合、解析などデータ科学に関するカスタムトレーニングを受けました。ここで学んだ知識とスキルを活用し、東レの科学者は機械学習や人工知能(AI)などのアプリケーションの導入をサポートする強力なデータフレームワークを構築しています。
 
ケーススタディをダウンロードして、貴組織の研究開発データをさらに活用する方法をご確認ください。

将来、独自プラットフォームを構築できるように高品質で持続可能なデータベースを作成するノウハウを学びました。

山本海 Ph.D.
シニア・ リサーチ・ケミスト
東レ株式会社(CASトレーニング参加者)

ケーススタディのダウンロード

Your privacy is important to CAS. More detail about how we use your information is in our privacy policy.