Future Leadersプログラムの卒業生

2018年度のFuture leaders一覧

2018年

  • マーティン・I・アボード、オックスフォード大学、英国
  • マニュエル・アフマダ・エスカンドン、マサチューセッツ総合病院、ハーバード大学医学大学院、米国
  • ジェニファ・アペル、チューリッヒ工科大学、スイス
  • ラッカ・ビビック、イースト・アングリア大学、英国
  • ダリオ・キャンビー、アイントホーフェン工科大学、オランダ
  • ガリ・V・カナカパティンタ、サンパウロ大学、ブラジル
  • チョン・ユー・チェン、国立台湾大学、台湾
  • トリスタン・クレモンス、ウェスタンオーストラリア大学、オーストラリア
  • アレクサンダー・クック、イタリア技術研究所、イタリア
  • ジャスティン・N・ディグリュイター、スクリプス研究所、米国
  • ジェ・ダン、フライベルク大学、ドイツ
  • ダナ・ディセンツァ、ロードアイランド大学、米国
  • へズース・エステバン・セラノ、マックスプランク化学エネルギー変換所、ドイツ
  • マディソン・フレッチャー、カリフォルニア大学アーバイン校、米国
  • ガブリエル・ド・パソス・ゴメス、フロリダ州立大学、米国
  • へズース・アルベルト・ハイメ・アリアガ、ブエノスアイレス大学、アルゼンチン
  • クリストファー・レモン、カリフォルニア大学バークレー校、米国
  • ユアンへ・リー、北京大学、中国
  • フェリシア・フェイ・リン・リム、モナシュ大学マレーシア校、マレーシア
  • ビクター・プイヤン・マー、エモリー大学、米国
  • ジャナ・L・マークリー、セントルイス・ワシントン大学、米国
  • アビー ジョー ペイン、カルガリー大学、カナダ
  • ユンヤン・チュウ、ノースウェスタン大学、米国
  • 高橋義人、慶應義塾大学、日本
  • シッドゥルー・ナイドゥ・タラパネニ、Global Innovative Center for Advanced Nanomaterials(GICAN)、ニューカッスル大学(UON)、オーストラリア
  • シーザー・A・ウルビナ-ブランコ、ベルギー ゲント大学、
  • ガリナ・ヴィリャソヴァ、モスクワ国立大学、ロシア
  • ジュリアン・G・ウェスト、米国 カリフォルニア工科大学
  • アニータ・ヤダヴ、インド工科大学デリー校(IIT)、インド
  • キ・ジャン、華東理工大学、中国

CASの2018年同窓生について詳しく見る。

2010~2017年

リサ・アルコック フリンダース大学 オーストラリア 2017年
アリッサ-ジェニファー・アヴェストロ ダラム大学 英国 2017年
ニコラ・L・ベル エジンバラ大学 英国 2017年
アリス・チャン カリフォルニア工科大学 米国 2017年
シャオシャ・チャン 天津大学 中国 2017年
モーガン・J・チコン オハイオ州立大学 米国 2017年
クレイグ・フレーザー シンガポール国立大学 シンガポール 2017年
ワイ・チュン・フー 香港理工大学 中国 2017年
ミンジア・フー アルバータ大学 カナダ 2017年
エリサ・イヴリー ネゲヴ・ベン=グリオン大学 イスラエル 2017年
トルステン・ジョン ライプツィ大学、Leibniz Institute of Surface Modification、ドイツ、モナシュ大学、オーストラリア ドイツ 2017年
サナツ・コラサニ ウィットウォーターズランド大学 南アフリカ 2017年
ユンジン・キム ソウル大学 韓国 2017年
ナコール・キング アメリカ国立標準技術研究所 米国 2017年
ジェフリー Y. W. マック 分子生物学研究所、クイーンズランド大学 オーストラリア 2017年
ケイトリン・ミルズ ノースイースタン大学 米国 2017年
ビジュワジット・モンダル インド科学振興協会 インド 2017年
ガストン・リシェル アムスタル大学 オランダ 2017年
ミッシェル・シュルツ カリフォルニア工科大学 米国 2017年
マガレット・シヴァプラガサム イオン液体研究センター、ペトロナス工科大学 マレーシア 2017年
アンディ・タイ カリフォルニア大学、ロサンゼルス校 米国 2017年
ガブリエラ・D・トルメット・ゴンザレス カンピーナス大学 ブラジル 2017年
ジェ・ワン 華東理工大学 中国 2017年
梁瀬 将史 東京大学 日本 2017年
ステファニー・アントゥネス ボルドー大学 フランス 2016年
ホアン・C・アポンテ・サンティーニ プエルトリコ大学、リオピエドラス プエルトリコ 2016年
ルーク・ボールドウィン オハイオ州立大学 米国 2016年
ヴィンセント・ブレイ・ロジャー Instituto de Tecnología Química(UPV-CSIC)およびバレンシア大学 スペイン 2016年
ヤーリン・ビュン 韓国科学技術院 韓国 2016年
チェン・チェン カリフォルニア大学バークレー校 米国 2016年
ウィラン・コルトパッシ オックスフォード大学 英国 2016年
エマ・ダーハム ケンブリッジ大学 英国 2016年
クレメント・フー 実験治療センター(A*STAR) シンガポール 2016年
ルーク・ギャモン メルボルン大学 オーストラリア 2016年
ロバート・J・ギラード・Jr. ケースウェスタンリザーブ大学 米国 2016年
ヨハン・ルネ・ゴンザレス・モヤ Centro de Tecnologias Estratégicas do Nordeste ブラジル 2016年
スザンヌ・ヤンツェ スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) スイス 2016年
ム・チュン・リー 国立清華大学、台湾 中国 2016年
チェンシン・リュウ 北京大学 中国 2016年
メラニー・ルイ アルバータ大学 カナダ 2016年
茂垣 里奈 東京大学 日本 2016年
T.パトリック・モントゴメリー カリフォルニア工科大学 米国 2016年
キーラ・ムレル ペンシルバニア州立大学 米国 2016年
ニルマル・S・プンジャビ インド工科大学、ボンベイ インド 2016年
マーク・リード ストラスクライド大学 英国 2016年
ヨハネス・リチェーズ ミュンヘン工科大学 ドイツ 2016年
クリス・スタヴァース ベルゲン大学 ノルウェー 2016年
吉田 拓未 東京大学 日本 2016年
ジョセフ・ザドロツニー ノースウェスタン大学 米国 2016年
タオタオ・ゾウ 香港大学 中国 2016年
ヨハネス・アーレンス ワイツマン科学研究所 イスラエル 2015年
アナスターシャ・アルテミエバ ノースダコタ大学 米国 2015年
ダミアン・ボーシャンプ オハイオ州立大学 米国 2015年
ポーラ・カロライナ・ピレス・ブエノ サンパウロ州立大学 ブラジル 2015年
ケネス・エリス・グアルディオラ シカゴ大学 米国 2015年
マニュエラ・ヨルグ モナシュ大学 オーストラリア 2015年
アン・クレウェ ブラウンシュヴァイク工科大学 ドイツ 2015年
アニータ・カルメン・コヴァツ セゲド大学 ハンガリー 2015年
テ・ウー・クォン 韓国科学技術院 韓国 2015年
マーサ・レイテ・ルゴ Centro de Investigación Científica de Yucatán メキシコ 2015年
クエンティン・ミショーデル スクリップス研究所 米国 2015年
サンジョイ・ムケルジェー インド理科大学院、バンガロール インド 2015年
中島 誠也 千葉大学 日本 2015年
ピエリック・オンデ ニース・ソフィア・アンティポリス大学 フランス 2015年
フェリックス・リズットー ケンブリッジ大学 英国 2015年
スタッフォード・W・シーハン イェール大学 米国 2015年
スバタラ・シニア マラヤ大学 マレーシア 2015年
ボ・ソン 西安交通大学 中国 2015年
ミン・チャ・ツァイ 福建カソリック大学、台湾 中国 2015年
マーテン・ヴェルゲーレン ゲント大学 ベルギー 2015年
サンバシヴァ・レディ・ビーミレディ サザンイリノイ大学 米国 2014年
ナディネ・ボーデュアス トロント大学 カナダ 2014年
ナターリャ・フルエー チューリッヒ工科大学 スイス 2014年
クリスチャノ・フナリ サンパウロ州立大学 ブラジル 2014年
フェルナンド・ゴモロン・ベル Instituto de Síntesis Química y Catálisis Homogénea(CSIC-UZ) スペイン 2014年
マーティン・ホフマン ブラウンシュヴァイク工科大学 ドイツ 2014年
シュー・ホウ ハーバード大学 米国 2014年
稲葉 央 京都大学 日本 2014年
クレア・ジャービス ルトガーズ 米国 2014年
サン・ヒュン・ジェ 韓国科学技術院 韓国 2014年
エリサンジェラ・ムーラ・リナレス ミュンヘン工科大学 ドイツ 2014年
デビッド・リップトロット バース大学 英国 2014年
ホイミン・リュウ 関西大学 日本 2014年
マリア・マトヴィンコ ウィーン大学 オーストリア 2014年
ベン・ナマン オハイオ州立大学 米国 2014年
フィリップ・ローデンボー コロンビア大学 米国 2014年
ソヒニ・サルカ インド理科大学院、プネー インド 2014年
シャオペン・ゾウ 江南大学 中国 2014年
P・アネシー・ベナトレヒナ オハイオ州立大学 米国 2013年
アニカ・ボルマン ラドバウド大学、ナイメーヘン オランダ 2013年
トーマス・ファウスト シドニー大学 オーストラリア 2013年
ニール・ファザカーリー マンチェスター大学 英国 2013年
ソウラヴ・ゴッシュ インド理科大学院 インド 2013年
マテオ・ジグリ ボローニャ大学 イタリア 2013年
ヒラン・カプラン ボストン・カレッジ 米国 2013年
アンドレア・コルブ ヴィクトリア大学ウェリントン ニュージーランド 2013年
ガブリエル・ルブラン ヴァンダービルド大学 米国 2013年
チョン・リュウ 南開大学 中国 2013年
バノティル・マクベラ ケープタウン大学 南アフリカ 2013年
マシュー・マックラーリン ノースカロライナ大学、チャペルヒル校 米国 2013年
ジェフリー・マーフィー アルバータ大学 カナダ 2013年
アイレット・オファリム テルアビブ大学 イスラエル 2013年
カロライナ・パジャック ルブリン医科大学 ポーランド 2013年
ジャンフー・スン アーヘン工科大学 ドイツ 2013年
辻 信弥 京都大学 日本 2013年
アンナ・アルキプチャック ウプサラ大学 スウェーデン 2012年
ノエミー・エルグリシ ピエール・マリー・キュリー大学 フランス 2012年
ハジラ・ファキ セントラル・ランカシャー大学 英国 2012年
深澤 亮 東北大学 日本 2012年
ローラ・ホック トロント大学 カナダ 2012年
プラディープ・ジャダヴァー 国立医薬品教育研究所 インド 2012年
パイパー・クレム カリフォルニア大学バークレー校 米国 2012年
ヘレン・レイチェル・ラジアコス モナシュ大学 オーストラリア 2012年
ニコラス・ニジュグナ ケープタウン大学 南アフリカ 2012年
ジョーダン・ページ オハイオ州立大学 米国 2012年
コンスタンティン・ラボン ウィーン工科大学 オーストリア 2012年
クリスティナ・サントス リオデジャネイロ連邦大学(UFRJ) ブラジル 2012年
チンファン・ウー 中国科学院上海有機化学研究所 中国 2012年
ジンヤン・シュー 清華大学 中国 2012年
ヴィクラマディティア・ヤダヴ マサチューセッツ工科大学 米国 2012年
スバ・バクタヴァツァラム タタ基礎研究所 インド 2011年
プラディープ・チョポラ グリフィス大学 オーストラリア 2011年
トーマス・イートン バーゼル大学 スイス 2011年
ジェラルド・グリオッツィ ボローニャ大学 イタリア 2011年
ウリ・グリーン エルサレム・ヘブライ大学 イスラエル 2011年
ユアンチン・グー 浙江大学 中国 2011年
リュユン・ジャン オックスフォード大学 英国 2011年
クリスティーン・レモン オハイオ州立大学 米国 2011年
中野渡早知代 東京大学 日本 2011年
エルハム・ホッセイニ・ネジャド アイントホーフェン工科大学 オランダ 2011年
ダダサヒブ・V・パティル ジョージア工科大学 米国 2011年
フランク・サートリウス フライブルグ大学 ドイツ 2011年
マリリス・シットマー タリン工科大学 エストニア 2011年
ルイ・アレッハンドロ・サンホエツァ・ヴェガ チリ・カトリック大学 チリ 2011年
ルオイー・ワン 中国科学院上海薬物研究所 中国 2011年
ジェフリー・バートゥク ノートルダム大学 米国 2010年
トーマス・ボイド グラスゴー大学 英国 2010年
カトリーナ・シセク オハイオ州立大学 米国 2010年
ドゥヴィア・ドロン バル=イラン大学 イスラエル 2010年
クリストフ・ムエラー シェフィールド大学 英国 2010年
トーマス・ニューバウアー ミュンヘン工科大学 ドイツ 2010年
バルチュ・サナー・オカン サバンチ大学 トルコ 2010年
三戸 裕太 京都大学 日本 2010年
リチャード・シャーホッド シェフィールド大学 英国 2010年
シン・スー ダートマス大学 米国 2010年
シュバム・ヴィアス オハイオ州立大学 米国 2010年
Contact CAS

Let us know how we can best serve you.