グローバルサイエンス&テクノロジートレンドレポート:グラフェンの研究開発

2004年にイギリスの化学者アンドレ・ガイムとコンスタンチン・ノボセルフに発見され分離されてから、グラフェンはその独自の特性と分野を超えた材料研究への影響の可能性により、世界中の注目を集めました。  CASと全米科学図書館(NSL)、中国科学院との共同によるこのホワイトペーパーは、グラフェンの発見以後に世界中で出版された10万件以上の文書の広範な分析から派生したものです。  研究への興味深い観点を強調し、どのようにグラフェン研究が基礎研究から応用研究への移行分野として発展してきているかを示しています。  グラフェンの展望と課題は、専門家とのインタビューでも議論されています。

Download

Your privacy is important to CAS. More detail about how we use your information is in our privacy policy.