Resources

A collection of feature articles, case studies, and whitepapers from CAS. News and trends spanning scientific research and information technology.

A collection of feature articles, case studies, and whitepapers from CAS. News and trends spanning scientific research and information technology.

Resources Index

学界と産業界のコラボ:新薬開発のためのインターリンク

大学と企業間の共同研究モデルでは、多くのケースで成功が見られますが、その開発には課題がつきものです。基本的に、学界と産業界は、両者による共同研究の成功に弊害となるような、全く異なる文化を発展させて来ました。
ここでは、大学と企業による共同開発の成功において課題となる3つの事柄に焦点を当て、これらを克服するためのアイデアについて提案します。

プレスリリース

新しいAIアプローチを使ったINPIとCASのコラボにより、特許出願審査の効率を改善

新しいAIアプローチを使ったINPIとCASのコラボにより、特許出願審査の効率を改善。高度なグラフデータベーステクノロジーと組み合わせたCASの索引データは、特許処理を改善するための効果的なソリューションであることが証明されています。

ギャップを考える:知的財産ポートフォリオの評価における一般的盲点を克服

企業の知的財産(IP)ポートフォリオの価値は、イノベーションを重視する企業の無形資産となってきました。知的財産主導によるビジネス取引の数や価値が増大するにつれ、知的財産ポートフォリオの財務評価は重要な分野になりつつあります。評価は、買収、特許ポートフォリオの調整、ライセンスまたは訴訟におけるサポート意見として利用されています。しかし、今日適用されている最も一般的な知的財産の評価方法には、重要な特許を過小評価してしまうリスクにつながる、という盲点があります。

デジタル化、イノベーション、分析:ブログ1年間のレビュー

この2月、CASでは初めてブログを導入しました。貴社が余計なノイズを取り除き確信を持って戦略方向を決めていただけることを目的とし、毎週短い投稿を掲載しています。CAS特有のコンテンツ、テクノロジー、科学的専門知識を活用し分野の専門家が作成したこのブログでは、最先端のデジタル化、AI、機械学習のイニシアチブ、組織全体のイノベーションを強化するためのツールとテクニック、製薬、特殊化学品、化粧品、材料科学などにおける新興のグローバルサイエンス、技術動向と機会など、貴社のグローバルビジネス戦略に最も関連のあるトピックに焦点を当てています。2018年も終わろうとしていますので、これらトピックを代表する人気投稿ベスト3にハイライトを当てます。

抗体医療の可能性の実現:変化する状況についての洞察

抗体治療薬の世界市場は2022年には1150億ドルに達するものと見込まれ、収益が高まる可能性から、製薬会社はこの分野に多額の投資を行っています。このことが同分野における研究開発促進につながっています。事業のポートフォリオを拡大したり、抗体治療薬の分野に初めて参入しようとする企業にとって、その課題は新開発に遅れをとらないようにすることです。これを支援するために、CASは中国科学院(NSLC)、国立科学研究所と協力してホワイトペーパーを作成し、業界の展望に関する詳細な図式を提供するとともに有望な商業機会を特定するための新たなトレンドを明らかにしました。

貴社のデータは成熟していますか。堅牢なデータ管理を行うことは、AIで成功するために極めて重要です。

科学研究開発の世界が新しいデジタルテクノロジーを取り入れることで、ビッグデータ分析から得られる価値はさらに高まっています。科学データの量は2年ごとに倍増しており、このデータを機械学習や人工知能(AI)に活用できる大きな可能性についての企業の認識もますます高まっています。近年ではこの分野への投資が急増しており、デジタルテクノロジーの適用範囲が広がるにつれ、リスク投資を行わない企業は競合他社に大きく遅れをとっています。

ギャップを考える:高額な特許を見逃してはいませんか。

正確で信頼性ある洞察を入手することは、あらゆる科学的知的財産(IP)戦略の成功にとって欠かせないものですが、化学物質の特許状況の把握では特に重要です。どの化学構造が新規でどれがそうでないかについて確信を持つことは、特許訴求が却下されたり、競合他社が優位に立ってしまう、あるいは事業として研究開発費に何百万ドルもかけたにもかかわらず新規の製品ではなかったことがわかっただけだった、といったようなリスクを最小限に抑えるために不可欠です。

医薬品開発パイプラインのための生物製剤ブームの活用

最近の生物製剤部門の爆発的な成長は着実に続いており、これらの治療への適用は、癌治療における第四の主要な方法(外科、化学療法および放射線療法の確立されたアプローチと共に)としての認知度が高まっています。個人向けに特化した治療として適していることから、生物製剤は精密医療の開発においても重要な役割を果たします。これは、研究者、医者、投資家、製薬会社にとってもう1つの重要な焦点です。生物製剤の可能性を予測し、十分に活用するためには、この複雑な市場の煩雑性を理解することが重要です。

プレスリリース

兵庫県立大学、日本国内の科学研究とエンジニアリング教育の迅速化を推進するためにCASのSciFinder-nを選択

兵庫県立大学は、日本国内の科学研究とエンジニアリング教育の迅速化を推進するためにCASのSciFinder-nを選択しました。同大学は、学生の教育と研究の促進のためにSciFinder-nを活用する日本で最初の学術機関となります。