ブラジルINPI (知的財産庁) がCASとのパートナーシップでAIを活用、審査官の生産性が向上

2019年、ブラジル知的財産庁 (INPI) では申請書の未処理分が約15万件にもなり、しかもそのバックログは平均10年以上になるという問題に直面しました。その結果、ラテンアメリカ最大の経済圏であるにもかかわらず、イノベーションを大きく遅らせる原因となっていました。 そこで同庁はその年、滞留していた総バックログの量を2年間で80%削減させるための施策に取り組みました。    

このブラジルINPIの取り組みの一環として、CASはAIを活用したワークフローソリューションを開発しました。その結果、特許出願の審査時間が最大50%短縮され、同庁の出願全体の15%を占めていた化学出願の滞留が削減されたのです。 このプロジェクトでは、先行技術調査のスピードを向上させ、そしての結果の関連性を改善させるために人工知能を利用しました。 このソリューションにより、処理された国内出願の77%で審査官の検索時間が大幅に短縮されたほか、29%では追加検索がほとんど、またはまったく不要になりました。

CAS INPI ケーススタディのカバー画像

 

近代的でダイナミックな知的財産制度を持つ国は、イノベーションで成功しており、またその結果経済的にも成功を収めています。 ブラジルがINPIでインフラとイノベーションへの投資を続け、そして前向きで近代的な知的財産法を今後も採用していくことを考えると、ブラジルは世界で最も望まれる市場のひとつとなる可能性を秘めていると言えるでしょう。

ラナ・ゴサイン
シニアパートナー
ダニエル法律事務所(リオデジャネイロ)

ケーススタディをダウンロード

Your privacy is important to CAS. More detail about how we use your information is in our privacy policy.