mRNA型COVID-19ワクチンがCOVID-19に対抗する仕組み

 

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンが患者に注射されると、小さな脂質小胞がmRNA分子を体液中で運び、抗原提示細胞(APC)と呼ばれる免疫細胞と融合します。mRNAワクチンは、APCに対して、脅威に対する免疫反応を引き起こす抗原というタンパク質を作るよう働きかけます。

Back to top