COVID-19 診断の検定手法と検査の開発

COVID-19のテスト


COVID-19の大流行で継続的に問題になっているのは、感染者でSARS-CoV-2と抗ウイルス抗体を検出できる、正確で効率的な診断テストの大規模実施の必要性です。テストで軽症および無症候性の症例を検出できれば、ウイルスの水面下における拡散を防ぐ上で不可欠な手順である、早期診断と感染経路の特定が可能になります。この必要性に対応する取り組みとして、世界中の研究者が非常に高精度かつ効率的で、コスト効率に優れた迅速で実施規模の拡大が容易な検査方法を開発しています。数多くの診断テストを詳しく理解/比較できるように、CASはSARS-CoV-2の検出に使用される分子検定と血清学的検定の基本原則をまとめた特別報告書を作成しました。この報告書では最近の検査技術の進歩に焦点を当て、200種類以上の現在利用可能な診断テストを概観していす。 

SARS-CoV-2のRNAの早期診断に用いられる大部分のテストは 逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)に依存しています。しかし、有望な代替テスト手法として、等温核酸増幅検査(転写媒介増幅法とCRISPRベースの手法を含む)も存在しています。SARS-CoV-2ウイルスの抗体ができた人を特定するには、血清学的テストが必要です。酵素結合免疫吸着測定法(ELISA法)、ラテラルフロー法などが含まれます。迅速な研究により、検査精度の継続的な向上、テスト実施件数の増加、結果判定までの時間短縮、臨床現場即時検査の多様化などが同時進行しています。このような進展は、世界中で検査を必要とする対象者の増大に合わせてテストの実施規模を拡大する上で、非常に重要です。 

 

ACS Central Scienceで記事をお読みください